コンテンツへスキップ

私は小学5年生の頃から、地元の学習塾に通っていました。

学習塾に通いだした目的は主に成績の向上や勉強法を身につけるためでしたが、
塾に通うことで他の中学校の友達ができたり、学校の先生とはまた違った
信頼関係を築くことができたのでとても良かったと思います。

公立の中学校は特に色々学力の生徒が集まっているので、
自分と合う合わないといった友達が多くいましたが、
塾にくる友達はある程度勉強しようという意識を持ってきているので価値観が近かったり、
お互いを高め合え得る関係を築けたのが良かったです。

先生に関しては中学校の先生はどうしても学業以外の行事やクラブといった、
学業以外のお仕事があるので一人一人の生徒に付きっきりで勉強を教えることは厳しいですが、
塾であれば時間が許す限り生徒に親身に教えてくれるので、習いに行って良かったです。

しかし、学習塾は平日の学校終わりに行くことがほとんどなので、
塾が終わる頃には22時を回っていることが多く、
特にテスト前の期間ともなると日付が変わるまで勉強していました。

そのように遅い時間に帰ると、親も心配しますし
自転車などで遠くから通って行く子は夜道を帰らないといけないので
中学生の子供には少し危ないように感じました。

なので、中には毎日親が塾の前まで車でお出迎えにきている人もいまいた。

また私が通っていた学習塾では定期的に公開テストが行われ
その成績によって席順が決まっていたのですが、
それによって塾内で軽いいじめがあったりしたので
入塾する際にはその塾が自分に合っているかしっかりと調べることが大切だなと思いました。

さらに、公開テストで成績が上位の人は特進クラスに召集されるのですが、
そのクラスでは中学校のテストの日程を無視してただ単に
偏差値をあげるということに重点をおいていたので
普段の学校に影響する勉強方針には疑問を持っていました。

ですがそのように友達と切磋琢磨したことで、
無事に第一志望の高校に一発合格することができたので
小学生の頃から学習塾に通って良かったなと思います。

塾に行く子供にお弁当をつくるときは、ガス給湯器をよく使いますよね。
給湯器は色入りな商品がありますが、人気があるのがダイキンのエコキュートです。
エコキュートの価格が安いお店
横浜でガス給湯器を探すなら是非利用してみてください。